社会福祉法人「みずきの郷」のめざすもの

-発足当時の家族の想い-
自閉症という大きなハンディキャップをもった人達が、よりよい環境と適切な指導で、 ひとりの大人として自立して生きてゆけるようにと願いながら、自閉症の子どもを持った親たちが、 社会福祉法人「みずきの郷」設立を目指しました。
「みずき」は、ありふれた樹木ですが、こけしの材料として良く利用され、「だんごの木」 としても旧くからの生活の中に活かされ、宮城県にゆかりのある、美しくて、 文字通りみずみずしい樹木です。みず(水)と、き(木)と、光があれば生命は輝きます。 そうした希望をこめて、法人の運営する施設名は、「ひかり苑」としました。
法人設立後は、その事業の健全な運営に努力してまいりますが、今後の長期展望としては、 施設に生活する人達の固定化を防ぎ、さまざまなニーズに対応していくという視点を持ちたいと思います。 すなわち、加齢や状態に応じて、高齢者棟の建設、グループホームなどの設置です。 その他、年少の人達や親達へのサービスのできる自閉症の療育センターの併設、地域への サービスとして診療所や福祉ショップなどの開設の構想も暖めております。
いわゆる「施設」ではなく、「家」であり、しっかり仕事のできる暮らしの場所でありたいと考えます。

法人概要

所在地
仙台市青葉区上愛子字道上59-4
 
TEL O22-391-1711  FAX O22-391-1712
 
理事長  橋本裕樹

理事・評議員数
理事7名・監事2名・評議員9名

創立年月日
平成7年8月7日

経営理念

利用者本位の経営を目指し質の高い福祉サービスを提供する。

経営方針

事業所

障害者支援施設
(生活介護・施設入所支援)
<ひかり苑>
障害福祉サービス事業
(生活介護)
<のぞみ苑>

障害福祉サービス事業
(生活介護のぞみ苑の従たる事業所)
<南材ホーム>

仙台市第二自閉症児者
相談センター
<なないろ>